編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」
調査

国内ITインフラサービス市場、2016年は2兆4913億円--セキュリティ分野は前年比4.8%増

ZDNet Japan Staff

2017-11-17 13:00

 IDC Japanは11月16日、国内ITインフラストラクチャサービスの市場予測を発表した。2016年の市場規模は2兆4913億円。2016年以降は年平均1.0%で成長し、2021年の市場規模は2兆6235億円になると見込んでいる。

 2016年のコンサルティング&インテグレーション市場は、企業の業績回復による投資が落ち着いた反動から前年比1.0%の成長となった。2017年以降は緩やかな低下傾向にあるとする。2021年には東京オリンピック後の景気の不透明感、アプリケーションの開発/導入に対する支出増加、クラウドの利用拡大に伴う構築案件の小型化などから、マイナス成長になると見込んでいる。2016以降は2021年まで年平均0.1%の成長になると推定。

 アウトソーシング市場は、クラウドサービスやデータセンターサービスなどに支えられ、2016年の前年比成長率は3.4%と堅調だった。2017年以降も、ハイブリッドクラウド/マルチクラウド環境を含む企業ITインフラ全体の運用管理サポートの需要拡大などによって、成長率を緩やかに下降させつつも、ITインフラサービス市場全体を牽引するセグメントになるとみられる。2016~2021年は年平均2.6%で成長するとIDC Japanは予測する。

 サポートサービス市場は、ハードウェアのサポートと保守が縮小傾向にある影響から、2016~2021年の年平均成長率はマイナス1.1%になると見込む。

 セキュリティサービス市場の2016年の前年比成長率は4.8%。情報セキュリティ対策に対する国内企業の高い投資意欲を反映した結果となった。サイバー攻撃がますます高度化するとともに攻撃の規模が拡大。企業が自社でセキュリティ対策を行うことが困難となっていると指摘する。それを背景に、主にマネージドセキュリティサービスにけん引される形でみられる。2016~2021年の年平均成長率は6.1%になると予想する。

国内ITインフラサービス市場の支出額予測
国内ITインフラサービス市場の支出額予測(出典:IDC Japan)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]