ソフトバンクの「Innovation Program」3回目--応募企業への出資も検討

怒賀新也 (編集部) 2017年11月17日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクは、同社が考える革新的なソリューションや技術を国内外から募集し、商用化を検討する「第3回 SoftBank Innovation Program」を11月14日に開始した。募集期間は2018年1月16日まで。募集テーマはAI as a Service、Disrupt、EdTech、Home、AR/VRの5つで、今回から応募企業への出資も検討する。国籍を問わず、法人からの応募を受け付ける。

 AI as a Serviceでは、要素技術としての人工知能(AI)ではなくサービスとしての優位性を重視。DisruptではAirbnbやUberといった既存の産業を破壊するようなアイデアであることを基準とする。

 ソフトバンクの新規事業開発室 事業開発統括部事業開発部イノベーション推進課の課長を務める原勲氏によると、応募企業に出資を検討する理由として、ソフトバンクとしてこれまでアーリーステージのスタートアップに投資をする仕組みがはっきりしていなかったことを挙げる。今年5月に、ソフトバンクグループが中東のファンドと共同で立ち上げた「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」をはじめ、比較的成功が見えている段階の企業に出資することが多い。

 「北米のスタートアップ企業の間で、ソフトバンクからの出資が1つのステータスになっている現実がある」といい、国内やアジアだけでなく、ソフトバンクの企業文化として重視している北米からの応募を増やしたい考えがあるという。出資額の目安は数億円から10億円ほどを想定している。

 SoftBank Innovation Programは今回が3回目。革新的なソリューションや技術を持つ企業とソフトバンクのリソースを組み合わせて、新たな価値の創出を目指す取り組みと説明する。ソフトバンクは応募案件の中から優位性があるものを選び、プロトタイプ開発の費用やテストマーケティング実施の環境などを提供する。テストマーケティングの結果を踏まえ、プロダクトやサービスの商用化を検討する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算