編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

AWS、MSとFacebookが開発した「ONNX」深層学習フォーマットをサポート

ZDNet Japan Staff

2017-11-20 10:56

 Amazon Web Services(AWS)は米国時間11月16日、「Open Neural Network Exchange」(ONNX)フォーマットで記述された深層学習モデルを「Apache MXNet」にインポートするためのPythonパッケージ「ONNX-MXNet」の提供を開始したと発表した。

 ONNXフォーマットはMicrosoftとFacebookが9月に発表したもの。開発者がMicrosoftの「Cognitive Toolkit」やFacebookの「Caffe2」のほか、「PyTorch」などのAIフレームワークを容易に切り替えられるようにするための新標準だ。

 ONNX-MXNetを使用することで、ONNXフォーマットに基づいて作成された深層学習モデルをApache MXNetフレームワーク上に移行できるようになる。GeekWireの記事では、「AWSは、深層学習モデルの標準的なフォーマットになると期待されているONNXをサポートすることで、オープンなデータモデルというコンセプトに大きな太鼓判を押したかたちとなっている」と報じている。

 GeekWireによると、データモデルを構築するための頼りになる手法はさほど多くなく、作成したモデルに別の戦術を適用すればメリットを引き出せると分かっていても、簡単にフレームワークを切り替えられない場合があるという。ONNXはこのような問題を解決しようというものだ。

 AWSはFacebookやMicrosoft、および深層学習のコミュニティーと協力し、ONNXの発展に取り組むという。

 Microsoftは10月、AMD、ARM、華為技術(ファーウェイ)、IBM、Intel、Qualcommの6社がONNXフォーマットをサポートすることを発表している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]