編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「医療IT」
Microsoft Connect();

Connect(); Japan 2017レポート--生産性を大幅に改善するMicrosoft AI - (page 2)

阿久津良和

2017-11-27 07:30

 Microsoftが持つ技術を応用した1例だが、飲食品などを扱うユニリーバや高級自動車やエンジンを開発販売するロールスロイス、米プロバスケットボールチームのポートランド・トレイルブレイザーズなど枚挙に暇がない。中でもユニークなのが、ユキヒョウの保護活動を行う非営利団体「Snow Leopard Trust」の活動だ。

 ユキヒョウの個体数は4080~8700頭と推定されていることから、国際自然保護連合が1972年に絶滅危惧種に指定しているが、ユキヒョウは食肉目ネコ科ヒョウ属に分類されるため、生息地域や挙動の調査は難しいという。そこで、動物が近づくと自動撮影するカメラを設置し、そこからユキヒョウの写真を抽出する手法をAzure Machine Learning WorkbenchとMMLSparkを使って特定の調査結果だけを抽出するシステムを構築。人間が取り組むと2万時間超となる作業を大幅に短縮した。


ユキヒョウの生息地をBing Mapでマッピング化し、分析結果をPower BIで出力した様子

 このように身近な場面や人間では大幅な工数を必要とする作業をAIが代替することで、効率性の向上や困難な問題の解決につながる。MicrosoftのAI戦略は着々と進み、データサイエンスとでなくとも、誰もが簡単にAIの恩恵を受けられるようになった。自社のビジネスソリューションを改善させたい意思決定者はMicrosoft AIプラットフォームを意識すべきだろう。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]