編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
Microsoft Connect();

Connect(); Japan 2017レポート--ペアプロを実現する統合開発環境の強化

阿久津良和

2017-11-29 07:30

 日本マイクロソフトは11月17日、Microsoftが米ニューヨークで開催した「Connect(); 2017」で発表した内容を解説するイベント「Connect(); Japan 2017」を都内で開催した。本稿では、日本マイクロソフト パートナー事業本部 パートナー技術統括本部 テクニカルエバンジェリスト 井上章氏のセッション「Visual Studioとクロスデバイスアプリケーション開発の今」で語られた内容をご紹介する。

 MicrosoftがWindowsという枠にとどまらず、LinuxやmacOSへとプラットフォームを拡大し、モバイル分野でも自社のWindows 10 Mobileよりも、iOSやAndroidに注力しているのは周知の事実だ。同社は今回のConnect(); 2017で「Any Developer, Any App, Any Platform」というテーマを掲げ、開発者が好きなプラットフォームで好みの開発環境を利用できることを明示している。そのプラットフォームとなる開発統合環境のVisual Studioに、新機能「Visual Studio Live Share」を加えた。


ペアプロをVisual Studio及びVisual Studio Codeで可能にする「Visual Studio Live Share」

 Office 365やOffice Onlineには、同じドキュメントを複数の利用者で同時編集する「共同編集」を利用できるが、Visual Studio及び開発者向けテキストエディターであるVisual Studio Codeでも同様の機能を実現したこととなる。コード編集やデバッグセッションのリアルタイム共有や、開発者同士の技術共有が可能になるため、「(開発者がペアになってコードを書く)ペアプロ(グラミング)や(複数の開発者で実装を思案しつつ誰かがコードを書く)モブプロ(グラミング)といった場面では、本機能を通じて開発生産性の向上を見込める」(井上氏)だろう。


日本マイクロソフト パートナー事業本部 パートナー技術統括本部 テクニカルエバンジェリスト 井上章氏

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]