インテル、レガシーBIOSのサポートを2020年までに終了へ

Liam Tung (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2017年11月21日 10時28分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Intelは、「Unified Extensible Firmware Interface(UEFI)Class 3」を必須要件とし、レガシーBIOSインターフェースを使用できないようにすることで、レガシーBIOS撤廃に向けた「最後の難関」を突破しようとしているという。

 BIOSは、旧型PCの電源を投入した直後に実行される起動プログラムであり、OSやソフトウェアに対してランタイムを提供する役割も担っている。

 現在販売されているコンピュータにはUEFIが搭載されているものの、16ビットBIOSに依存したソフトウェアを使用しているユーザーのために、「Compatibility Support Module」(CSM)を経由したかたちでのBIOSサポートも提供されている。

 IntelのテクニカルマーケティングエンジニアBrian Richardson氏は、台湾で現地時間10月30日〜11月3日に開催されたUEFI主催のフォーラム「FALL 2017 UEFI PLUGFEST」で、UEFI Class 3以上を必須要件にするという同社の計画を明らかにした。これにより2020年までに、同社のクライアントプラットフォームとデータセンタープラットフォームでレガシーBIOSのサポートが終了するという。

 UEFI Class 3を必須とすることで、CSMを用いてUEFIを無効化する顧客プロセスはすべて「動作しなくなる」という。

Intel
提供:Intel

 ただLiliputingも述べているように、Intelはセキュアブートを必須にしようとしているわけではない。つまり、ユーザーは今まで通り、UEFIを搭載したPC上で、署名されていないLinuxディストリビューションを実行させることができるはずだ。しかしIntelプロセッサをベースにしたPC上では、CSMを用いて互換性問題を回避することができなくなる。

 Richardson氏によると、Intelは「UEFIをサポートしていないコンポーネントの撲滅」に向け、ドライバや周辺機器、ユーティリティがCSMを使用せずに動作するようになることを確実にしようとしているのだという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算