編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」
海外コメンタリー

クラウド移行に向けたビジネスケース作成--AWSのコンサルタントが語る - (page 3)

Steve Ranger (ZDNet UK) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2017-11-24 06:30

 Thomas氏によると、アプリケーション費用に関して考慮すべき点には以下のものがあるという。

  • ワークロードの数と、物理サーバへのマッピング方法
  • アプリケーションの改修費用と、アプリケーションの維持管理費用、規則やコンプライアンス
  • ライセンスの委譲性と、将来のライセンス更改
  • サービスレベル合意(SLA)や障害復旧、セキュリティ、アクセス要求といった、アプリケーションの要件

人的資源という観点から見たビジネスケース

 クラウドのビジネスケースには、人件費を含める必要もある。これはインフラの費用に次いで2番目に大きいものとなる場合もある。クラウドへの移行を検討している企業は、従業員と契約作業員の双方に対する採用や維持のほか、配置転換や退職、訓練や教育にかかる費用を考慮する必要がある。この他にも、物理的なスペース(例えばオフィス)や、機器、その他のサービスといったものの考慮も必要となる。また企業は、サードパーティーにかかるその他の費用や契約について、期限前契約解除のポリシーも含めて検討しておく必要もある。

 さらに、より漠然としたファクタの考慮も重要だ。クラウドの支持者は、ホストされたサービスを用いることで、例えば今までよりもアプリケーションを迅速にアップデートできるようになるため、企業のフットワークをより軽くできると主張する。しかし、自社のITインフラの大半がベンダー1社にロックインされてしまうといった、クラウドの潜在的な短所も頭に入れておく必要があるだろう。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]