日東電工、経理・購買業務にIBMのBPaaSを利用

NO BUDGET

2017-12-11 07:00

 日東電工は、経理・購買業務にIBMのBPaaS(ビジネス・プロセス・アズ・ア・サービス)を活用すると発表した。BPaaSは、クラウドサービスを活用したBPOサービス。

 日東電工は、経営資本の中核事業への集中を図るため、既存の事務基幹システムに、SAPジャパンの調達・購買クラウド「SAP Ariba」、コンカーの出張・経費管理クラウド「Concur Travel & Expense」を追加採用し、これらの運用管理を含めてIBMに業務をアウトソースする。

 SAP Aribaは、グローバル全体で250万社のバイヤー、サプライヤーが参加するB2Bマーケットプレイス。カバーする間接材の範囲は、ITやMRO(工場副資材)のみならずサービス、マーケティングから通信などあらゆるカテゴリに及ぶ。コンカーが提供する「Concur Travel & Expense」は、出張旅費・交際費・近接交通費などの出張・経費管理をクラウド上で実現できるサービス。世界3万7000社、国内約680社で利用されている。

 今回の業務プロセス改革は、構想開始から導入まで半年というスピードで実現した。日本IBMは、構想策定に関するコンサルティングから、要件定義、システム構築までを一貫して担当した。

 新たな経費精算システム、間接材・設備購買システムは1月より順次稼働を開始しており、IBM大連でのBPOサービスも同年1月より一部開始され順次拡大している。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]