海外コメンタリー

最大のセキュリティ脅威は社内にあり--“悪意のないミス”に要注意 - (page 4)

Chris Duckett (ZDNet.com.au) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2017-11-30 06:30

 Doyle氏は、最近のデータ漏えいの多さに関して、クラウドコンピューティングの普及に原因を求めるのは不適切だとも述べている。

 同氏は「こうした振る舞いは、以前であれば社内で収まっていたため、良くない振る舞いが表に出る事例は少なかった。社内システムが一般公開されてでもいない限り、外部の人々(の目)というのは存在しなかったのだ」と述べている。

 「Amazon S3バケットのようなクラウドストレージのソリューションにおいて、しっかりした保護がなされていないのであれば、公開されているも同然なのは明らかだ」(Burgess氏)

 Doyle氏によると、現代におけるデータの移動性を考えた場合、企業は自らの情報がどこにあるのかを知っておくとともに、その価値を理解しておくことが重要だという。

 CXOとのインタビューによると全体的に、社内の脅威に立ち向かうための作業や計画の整備は、会社全体の取り組みになるという。慎重な扱いを要するデータの格納場所や、そもそもそういったデータが何であるかといったことは、IT部門だけの課題ではないのだ。

 あなたの会社が最近になってもデータの保管状況について精査しておらず、誤って公開されているデータの有無をチェックしていないというのであれば、誰かがデータを入手してしまう前に手を打った方がよいだろう。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]