編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

MSの「Office」アプリ、全「Chromebook」向けにGoogle Playで提供か

Mary Jo Foley (CNET News) 翻訳校正: 水書健司 吉武稔夫 (ガリレオ)

2017-11-28 11:23

 少なくとも現時点では、Microsoftからの正式な発表はないが、同社はすべての「Chromebook」ユーザーが「Microsoft Office」を利用できるようにしたようだ。


提供:Hans Engbers

 このことに気付いたのはChrome Unboxedだ。同ウェブサイトが米国時間11月22日に報じたところによると、さまざまなChromebookモデルのユーザーが、「Google Play」ストアからOfficeアプリをダウンロードしているという。

 Microsoftは2014年に、Officeアプリ(「Word」「Excel」「PowerPoint」「OneNote」)のウェブ版を、Chromebookユーザーも利用できるようにした。その後、同社は「Office」を「Android」で使えるようにしており、これらのOfficeアプリが「Chrome OS」デバイス上でも動作するということだ。

 筆者は、Chromebookで利用できるOfficeについて、さらに詳しい情報を得ようとMicrosoftに問い合わせたが、今のところ回答はない。画面サイズが10.1インチに満たないデバイスを用いるAndroidタブレットユーザーは、Officeアプリを無料で利用できる。しかし、それよりも大きい画面を持つデバイスでOfficeアプリを使いたいユーザーは、「Office 365」のサブスクリプションが必要だ。

 Microsoftは、同社のOS「Windows 10 S」をChrome OSに対抗するものと位置づけており、このOSでは「Microsoft Store」のアプリのみが作動する。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]