編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

富士通、シトリックスのVDI製品をクラウドサービスで提供へ

NO BUDGET

2017-11-28 16:22

 富士通とシトリックス・システムズ・ジャパンは11月27日、クラウド領域での協業を拡大すると発表した。

 富士通は、シトリックスのデスクトップ仮想化(VDI)製品「Citrix XenApp」「Citrix XenDesktop」「Citrix ShareFile」を活用したクラウド型のVDIサービス「FUJITSU Managed Infrastructure Service 仮想デスクトップサービス VCC(Virtual Client on Cloud)」を同日から販売している。

 VCCは、月額制のVDIサービスとして提供される。同サービスは、シトリックス独自の通信最適化技術「HDX RealTime Optimization Pack」を利用し、Microsoftの「Skype for Business」なども快適に利用できるという。また、約半年ごとに行われるWindows 10のアップデートでも、VCCの基盤上でアップデートに関わる機能拡張を吸収するため、既存の業務システムをそのまま使うことが可能。さらにLinuxベースのアプリケーションもVDI上で利用できる。

 さらに、高度なグラフィックス性能を必要とするCADソフトや演算処理速度が求められるCAEソフトなどを利用する場合、オプション機能としてNVIDIAのGPU仮想化技術が利用可能。その他のオプションでは、シトリックスが提供するクラウドベースのオンラインストレージサービス「Citrix ShareFile」を富士通のデータセンターに構築したネットワークストレージから利用できる。このサービスは、既存の社内ストレージとの連携も可能だ。

 両社は今後、クラウド分野の協業をさらに拡大し、「Citrix Cloud」と富士通のパブリッククラウド「FUJITSU Cloud Service K5」を連携させ、VCCのサービスメニューをさらに拡充していく。また、モバイル分野のサービスにおいても協業を拡大していく予定だ。VCCの利用料金は、1IDごとに月額3500円(100IDでの契約時)で、12月1日に発売する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]