編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」
日本株展望

北朝鮮とアマゾンの戦い?地政学リスクと米国株高期待 - (page 2)

ZDNet Japan Staff

2017-12-01 11:14

アマゾン株堅調に見る米国株高の原動力

 米国株高の背景であるファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)の堅調も続いている。11月29日に発表された7~9月期の米GDP(国内総生産)改定値では、実質成長率(前期比年率)が速報値(+3.0%)から+3.2%へ上方修正された。

 また、民間調査機関カンファレンスボードが同28日に発表した11月の消費者信頼感指数は129.5へ上昇。2000年11月以来、17年ぶり高水準となった。カンファレンスボードは、「消費者は年末商戦に向けて意欲的。2018年初めにかけ、米景気は健全なペースで拡大すると見込まれる」との見解を示した。

 実際、先週末にスタートしたホリデー商戦は好調で推移している。

 アドビ・アナリティクスの調査によると、感謝祭(23日)から、ブラックフライデー(24日)、サイバーマンデー(27日)までのオンライン販売は、前年同期比約17%伸びたとのことだ。その約55%を米アマゾン・ドット・コム1社が占めたと報道されている。

 こうしたオンライン販売の隆盛やクラウドサービス事業の好調を受け、アマゾンの株価は年初来で約55%上昇。株式時価総額は約5752億ドル(約64兆円)まで増加した(27日)。米国株式をリードしているナスダック100指数(年初来30%上昇)におけるアマゾンの時価総額のウエートも約7.7%まで拡大している。

 利益確定売りに伴う目先の株価調整を消化しながら、「第4次産業革命(IT分野の進歩)」が主導する米国株高は、足元の「地政学リスク」を相殺する効果を発揮しているように思われる(図表2)。

図表2:アマゾンの株価動向とナスダック100指数の推移


注:ナスダック100指数=ナスダック総合指数の時価総額上位100社(金融を除く)で構成される株価指数
出所:Bloombergのデータより楽天証券経済研究所作成(2017年11月29日)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]