サイバー攻撃者がメールを“誤送信”--「To」で標的一覧が発覚

ZDNet Japan Staff 2017年12月01日 12時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoft Officeの脆弱性を悪用するサイバー攻撃が確認され、メールやセキュリティツールも悪用する高度な手口への注意が呼び掛けられている。そんな中、攻撃者がメールを誤送信してターゲットが発覚する“珍事”が発生していた。

 この攻撃では、Microsoftが11月のセキュリティ更新プログラムで対処したOfficeのメモリ破損の脆弱性(CVE-2017-11882)を悪用し、最終的にターゲットのコンピュータを乗っ取る。確認されている手口では、不正なRTFファイルを添付するスパムメールを使い、受信者のコンピュータに正規のセキュリティ侵入テストツール「Cobalt Strike」を送り込む。

 攻撃者の失態を発見したRiskIQのセキュリティ研究者Yonathan Klijnsma氏によると、同社は11月21日に、ロシアやトルコの金融機関をターゲットとする大規模なスパムメールの攻撃を確認。メール本文に記述はなく、「Swift changes(国際銀行間通信の変更)」のファイル名を持つRTFファイルが添付されていた。

 通常の攻撃では、ターゲットが知られないよう「Bcc」にアドレスを入力するのが常とう手段だが、ミスを犯した攻撃者は「To」にアドレスを入れて送信。Klijnsma氏によれば、ある金融機関の欧米、中東8カ国の拠点にいるとみられる従業員がターゲットにされていた。この攻撃者は3月にも同様のミスを犯し、この時はカザフスタンの金融機関の1880のアドレスにメールを送り付けていたという。

攻撃者のメール誤送信で発覚したターゲットの宛先国(出典:RiskIQ)''
攻撃者のメール誤送信で発覚したターゲットの宛先国(出典:RiskIQ)

 Klijnsma氏は、攻撃者がターゲットにする組織のメールアドレスの情報を容易に収集できてしまう実態があると警鐘を鳴らす。また、受信者のコンピュータに送り込まれるCobalt Strikeは、その機能が攻撃者に悪用されているものの、本来は正しい目的で利用されるセキュリティツールだとも解説している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算