「Windows 10」稼働デバイスが6億台に--成長の背景は?

Steve Ranger (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2017年12月04日 11時53分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Windows 10」が稼働するデバイスの数が6億台に達した。成長率は控えめではあるが上昇している。

 Microsoftの最高経営責任者(CEO)Satya Nadella氏は米国時間11月29日、年次株主総会で最新の数字を明らかにした。この数字にはWindows 10が稼働するデバイスとして、PC(大半を占める)のほか、タブレット、スマートフォン、「Xbox」コンソール、「HoloLens」「Surface Hub」の台数が含まれる。

 Windows 10のアクティブデバイスは2016年9月後半に4億台に到達した後、2017年5月に5億の大台を突破した。それから約200日で6億台に達した。

Windows 10のアクティベーション時系列
Windows 10のアクティベーション
提供:ZDNet

 もちろん、数字が特定の日に発表されたというだけであって、Microsoftが同日にその数字に到達したということではない。それでもWindows 10の導入が、穏やかではあるが加速しているとすれば、どのような理由が考えられるだろうか。コンシューマーが最初に熱狂するのは初期の段階であり、現在その勢いは企業への展開に至っている。

 数字の上昇は、企業におけるWindows 10の導入が増加していることを反映しているのかもしれない。Gartnerが4月に公開した調査結果では、企業の85%が「2017年末までにWindows 10の導入を開始する計画」とされていた。2018年に運用環境で導入するという企業はわずか9%で、2019年以降と回答した企業は4%だった。一方で、これは別の期限が近づくことを意味する。Microsoftは2020年1月14日に「Windows 7」の延長サポートを終了する。

 6億台という数字は大きいが、Microsoftは当初、2018年頃までにWindows 10を搭載するデバイス数を10億台に到達させることを目指していた。Microsoftは実現が難しいことを認識しているが、その大きな理由には、スマートフォン市場から撤退しつつあるかのような動きも見られるということがある。

 2017年に約2億6000万台のPCが新たに出荷されると予想されている。その多くがWindows 10を搭載するため、2020年前半にはWindows 10搭載デバイスは10億の大台に到達する可能性もある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算