米ZDNet編集長Larryの独り言

AWSの「Alexa for Business」がスマートオフィスでの採用を見込める理由

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子 2017年12月05日 06時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Alexa、電話会議を開始して」

 「Alexa、午後7時にオフィスを消灯して」

 「Alexa、この部屋を午後1時に予約して」

 これらのコマンドは、Amazon Web Services(AWS)の「Alexa for Business」戦略を通じてあなたのオフィスでも使えるようになるはずだ。この戦略は、開発者にちょっとした民主化をもたらすとともに、Appleが得意としてきているコンシューマライゼーションというアプローチも含んだものとなっている。Amazonは「Alexa」を搭載した「Amazon Echo」を家庭に普及させ、今度は、手頃な価格のこのハードウェアを、あなたのオフィスにもたらそうとしているのだ。

 Microsoftの「Cortana」やGoogleの「Googleアシスタント」といったデジタルアシスタントがひしめきあう分野へのAlexa for Businessの参入は、競合企業にとってどの点から見ても悪いニュースと言えるだろう。

 Amazonの最高技術責任者(CTO)Werner Vogels氏は、同社の年次イベント「re:Invent」の基調講演においてAlexa for Businessを発表し、音声がデジタルシステムの新たな利用方法に向けた扉を開くとともに、そのようなシステムの構築手法を変革すると主張した。

 またVogels氏は、Alexa for Businessを紹介する際、音声機能の活用は理にかなっていると述べ、会議室や机で使うデバイスやテクノロジは複雑すぎると付け加えた。

 同氏によると「あらゆる会議は10分遅れで始まる」という。Alexa for BusinessはAlexaをオフィスにもたらし、電話をかけたり会議を開始したりできるようにするマネージドサービスだ。またAWSは、「Microsoft Exchange」や、Cisco SystemsやPolycom、Salesforce、SAP、Splunkといった企業の製品との連携に向けた提携関係も樹立している。


 AWSの計画は、Alexaを利用するスマートオフィスに向け、マネジメントプランを簡素化したかたちで提供するというものだ。また、Alexaのすべてのスマート機能はクラウド上にあるため、AWSはこの点でもメリットが得られるはずだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算