編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」
日本株展望

好利回りのJ-REITを見直し--いつが買い時か?

ZDNet Japan Staff

2017-12-05 11:00

今日のポイント

  1. 不動産ブームでも上値の重い東証REIT指数
  2. ブームでも売られる東証REIT指数
  3. 実物不動産に今投資するのはリスクが高いがJ-REITは有望

 これら3点について、楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

 2017年は日経平均が上昇する中、東証REIT指数は下落した。最近すっかり人気がなくなったJ-REIT(ジェイリート、日本版リート、上場不動産投資信託)だが、平均分配金利回りは12月4日時点で4.1%に達している。

 中長期の利回り投資対象として、J-REITのインデックスファンド(東証REIT指数に連動するように運用する投資信託)は、今が買い場と判断している。

不動産ブームでも上値の重い東証REIT指数

 アベノミクスが始まった2013年以降、景気回復と異次元金融緩和の効果で、不動産需給は改善。都市部は今、不動産ブームの様相を呈している。

都心5区オフィスビルの賃料・空室率平均の推移:2013年1月~2017年10月

都心5区は東京都千代田区・中央区・港区・新宿区・渋谷区
都心5区は東京都千代田区・中央区・港区・新宿区・渋谷区(出典:三鬼商事)

 三鬼商事の調査によると、2013年1月に8.56%だった都心5区の空室率は、2017年10月に3.02%まで低下。平均賃料は、2013年12月に1万6207円/坪で底をつけてから反発し、2017年10月には1万9033円/坪まで上昇した。

 市況高騰を受け、大手不動産会社では保有する賃貸不動産の含み益が拡大している。賃貸不動産の含み益上位4社を挙げたのが下の表だ。上位3社は大手不動産会社だが、4位はJR東日本(電鉄会社)。

賃貸不動産の含み益上位4社の含み益:2013年3月~2017年3月

賃貸不動産の含み益は時価と取得原価の差額
賃貸不動産の含み益は時価と取得原価の差額で、不動産の値上がりによる価値増加分(出典:各社有価証券報告書および決算短信)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]