編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ
米ZDNet編集長Larryの独り言

機械学習、IoT、データベースなど多分野で新サービス--re:Inventで見えたAWSのビジョン

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2017-12-07 06:30

 もはや「Amazon Web Services」(AWS)はインフラプロバイダーではない。同社(とその顧客)はサーバレスに向かっており、スタック上層に進出して、機械学習やデータ管理、人工知能(AI)などのプラットフォームを提供する企業になっている。

 ラスベガスで開催されたAWS主催のイベント「re:Invent」で、同社の最高経営責任者(CEO)Andy Jassy氏が行った講演は、データサイエンティストや、モノのインターネット(IoT)のツールやデータベースを導入しようとしているITプロフェッショナルをターゲットとしたものだった。また、最高技術責任者(CTO)Werner Vogels氏は、未来のコンピューティングのビジョンを披露し、すべてはデータを中心に展開されるようになると語った。

 「持っているデータの品質こそが差別化要因になる」とVogels氏は述べている。「データは企業の行動の変化や、新しいシステムの構築手法に決定的な影響を与えるようになる」

 Vogels氏によれば、クラウドコンピューティングとは結局「データのお膳立てをする平等主義的システム」であり、「リアルタイムで実行できるニューラルネットワーク」だったという。

 新しく発表された数々のサービスをバラバラに見ているだけでは、ニュースの大波に翻弄されて、今回のre:Inventを1つにつなぐ糸は見えてこない。今回のイベントでは、メディアサービスや多数の新規顧客、新しいデータベース、「Alexa for Business」、IoT機械学習人工知能など、さまざまな発表が行われた。おそらく筆者が書き漏らしているものもあるはずだ。2日間で、大抵の企業が1年にリリースするよりも多くのサービスをリリースするというのが、以前からのAWSのやり方だ。これまでと違うのは、マネージドサービスやマイクロサービスに力を入れており、サービスをデータの観点から利用し、見ることができるようにしている点だろう。

 バラバラの点を結んでみると、AWSが以下のようなテーマを追求していることが見えてくる。

  • サーバレス化
  • あらゆる場所に組み込まれた人工知能
  • Oracleからデータのシェアを奪うことを狙ったデータベースサービス
  • IoTによるエッジコンピューティング
  • 未来のインターフェースとしてのAlexaと音声
  • 開発者が2020年にやりたいことを支えるアーキテクチャの構築とロードマップ

 先週発表されたあらゆるAWSのニュースに共通するテーマは、データを通貨として、ワンクリックでデータを管理できる手段を提供するということだ。

AWS re:Invent

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]