編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
海外コメンタリー

ブロックチェーンへの期待と現状、2018年に見られる変化とは - (page 2)

Martha Bennett (Forrester Research) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2017-12-21 06:30

  • 純然たる研究開発(R&D):こうしたプロジェクトは、ブロックチェーンベースのシステムを開発することの意味を理解しようとするものだ。実際のユースケースに取り組むのが理想ではあるが、最終的な目標は調査、および知識の獲得であり、実際に稼働するシステムの実現は必ずしも目指していない。
  • 業務に直結した利益の実現:こういったプロジェクトは2つの基本的な要素を網羅している。1つは発生期にあるこのテクノロジの活用方法を学ぶというものであり、もう1つは現実の業務コンテキストで活用できる実際のシステムを構築するというものだ。このようなプロジェクトの多くは社内用であり、そのこと自体は何の問題もない。というのも世界を舞台に活動する大規模組織は、ある種の社内プロセスをブロックチェーン化することで、大幅な効率向上を達成できるためだ。それ以外のプロジェクトとしては、エコシステムを構成する複数の企業が関与するものもある。2018年に本番運用が開始されるこうしたプロジェクトは、比較的小さな規模にとどまり、新たなプロセスの創造ではなく既存プロセスの改善に注力したものとなるだろう。
  • 長期的な変革に向けた可能性の探求:これは、ブロックチェーンベースのネットワークが持つ真の価値を具現化することが、公共部門の組織における仕事の進め方のような、プロセス全体や業界の改革と同義であると気付く明確なビジョンを持った人々が手がけるものだ。

 ブロックチェーンイニシアティブを擁護している人々は、このテクノロジが依然として開発初期の段階にあることを(場合によっては痛いほど)理解しているだけでなく、このイニシアティブが実際にはテクノロジではなく業務に関するものであることも理解している。この点が、ブロックチェーンネットワークがいったい何であるのかを、業務上の観点からもテクノロジ上の観点からもしっかり把握しないまま、IT業界の売り文句に従っている人々との違いだ。的確な理解なしに生み出された空虚なプロジェクトは、間違いなく失敗するだろう。

 2018年には、そもそも立ち上げられるべきではなかった多くのプロジェクトが頓挫することになるはずだ。

 総括するとForresterは、2018年がブロックチェーンイニシアティブにおける収穫の年になると予測している。この技術の売り文句を実際にかたちあるものへと変えられなかった人々は、自らの投資に見切りを付けて撤退する一方で、同テクノロジとそれが長期にわたってもたらす変革の可能性に関する深い理解を得た人々は、さらに前に進んでいくだろう。最後に、「われわれはテクノロジの効用について、短期的には過大評価し、長期的には過小評価する傾向にある」というAmaraの法則を引用しておきたい。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]