編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

マイクロソフト、Azure向けオープンソースの新Kubernetesツール発表

ZDNet Japan Staff

2017-12-08 15:15

 Microsoftは米国時間12月6日、米オースティンで開催された「KubeCon」で、Kubernetesユーザー向けにAzureで利用できる新たな製品やサービスを発表した

 まず、Kubernetesでサーバレスコンテナを管理するためのコネクタ「Virtual Kubelet」がリリースされた。同社は7月に、秒単位での課金が可能な、仮想マシンの管理を必要としないサーバレスコンテナランタイムである「Azure Container Instances」(ACI)を導入したが、Virtual KubeletはKubernetesのクラスタとACIや同様の機能を持つランタイムを連携できるようにするものだ。

 また「Open Service Broker API」を使用して構築された「Open Service Broker for Azure」(OSBA)が発表された。OSBAは、KubernetesやCloud Foundryなどのクラウド環境で実行されているアプリケーションから、「Azure CosmosDB」「Azure Database for PostgreSQL」「Azure Blob Storage」などのAzureの各種サービスに接続できるようにするものだ。OSBAとKubernetes Service Catalogを使えば、Kubernetes APIからAzureのデータサービスを管理できるため、ユーザーはAzureのデータストアをKubernetesの流儀で簡単に利用できる。

 さらに、Kubernetesクラスタを管理するイベントドリブンパイプラインの管理ダッシュボード「Kashti」が発表された。Kashtiは、MicrosoftのKubernetes管理ツール「Brigade」のパイプラインを可視化するツールだ。

 発表された3つのプロジェクトは、すべてオープンソースとして公開されている。同社のブログ記事によれば、Azure上でのコンテナ管理プラットフォームであるKubernetesの利用は前年比で700%増加しているという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]