編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

神戸大学、ネットワークスイッチを刷新--安全で快適なIT環境を目指す

NO BUDGET

2017-12-13 06:00

 神戸大学が全学のネットワーク基盤をHewlett Packard Enterprise(HPE) Arubaのコアスイッチ製品「Aruba 8400」で再構築し、地理的に分散したネットワークを集中管理・制御できるようにした。同製品の採用は世界初で、2018年2月の稼動を予定している。

 同大学は、学生総数が1万6000人を超え、教職員と附属学校の児童や生徒を含めると2万人規模のユーザーがいる。セキュリティ上の要請もあり、教育研究用にプライベートネットワーク化を検討していたが、ネットワーク機器のリプレイスのタイミングを迎えて、今回の導入に至ったという。


神戸大学に設置された「Aruba 8400」

 従来の学内ネットワークは、学内でばらばらに設置されている多数のブロードバンドルータなどで構成されていた。新ネットワーク基盤では、これらのネットワークを可視化し、集中管理することが求められていた。また、障害発生時にも自動復旧できる機能も必要としていた。

 Aruba 8400は、4000個のVLANと同数のIPアドレスを保有でき、多様な制御が可能でスクリプトによる障害時自動復旧機能を持つ。VSF(バーチャルスイッチングフレームワーク)により同一筐体で完全冗長化できる機能や、「ネットワーク・アナリティクス・エンジン(NAE)」を用いた運用管理機能も採用の決め手となった。

 またエッジスイッチ、ネットワークアクセス制御ソリューションもAruba製品「Aruba ClearPass」を活用する。これにより、有線LANと無線LANのアクセス制御を融合して運用管理面の向上を図る。同製品と、既に導入済の無線LANアクセスポイント、無線LANコントローラ、ネットワーク可視化ソリューションを組み合わせ、キャンパス全域をカバーするネットワーク環境を構築している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]