編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

ジュニパー、ネットワークインシデント対応ツール群を刷新

NO BUDGET

2017-12-14 08:47

 ジュニパーネットワークスは、インテントを自動化ワークフローに変換し、ネットワーク運用を簡素化する新しいアプリケーション群「Juniper Bot」と「Juniper Extension Toolkit(JET)」の拡張を発表した。サービスプロバイダー、エンタープライズ、クラウドプロバイダーにおける「Self-Driving Network」の全面的な実現を推進するという。

 Juniper Botは、インテントおよびアナリティクスに重点を置いた、先進的な新しいソフトウェアアプリケーションのエコシステムで構成され、ワークフローを自動化し、設計・運用などのオペレーションサイクルを実現する。同製品は「Contrail」および「AppFormix」のプラットフォームを活用し、高度なビジネス要件(「何を」)を、ネットワーク全体の自動的な設定変更(「どのように」)に変換するよう設計された、リアルタイムのアナリティクスを搭載している。

 今回拡張された新たなボットは以下の通り。

「Contrail PeerBot」

 これまで煩雑であったネットワーク・ピアリング・プロセス(複数の「Border Gateway Protocol」(BGP)ルーティングおよび複雑なポリシーエンフォースメント)を自動化し、ポリシーエンフォースメントとオンデマンドのスケーリングを簡素化する。

「Contrail TestBot」

 ネットワーク事業者によるDevOpsアプローチに向けた継続的な統合/導入を支援するジュニパーネットワークスの幅広い取り組みの一環となるアプリケーション。このアプリケーションはネットワークの設計、プロビジョニング、導入変更の継続的監査を自動化する。

「AppFormix HealthBot」

 「AppFormix」を活用して、ネットワークデータとその知見・予兆をリアルタイムに収集し、ネットワークの適格性および正常性を機械学習によりトラッキングする。また、トラブルシューティング、保守、リアルタイム分析を直感的なユーザー・エクスペリエンスに変換し、ネットワーク事業者にネットワーク全体の正常性に関する実用的な知見などを提供。

 一方、JETの機能拡張では、JETの管理・制御APIフレームワークをデータプレーンにまで拡張し、開発者によるジュニパーネットワークスの「vMX」および「MXシリーズ3Dユニバーサル エッジ ルーター」上でのデータプレーンへの直接アクセス、およびアプリケーションの作成を実現した。JETを使用する開発者は、「Junos OS」の高度なネットワーク・プログラマビリティを利用することができるようになり、業界で最もプログラマビリティに優れたエッジルーターを稼働させるシリコン制御を強化することができる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]