編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
調査

国内企業ITインフラ市場、2017年は前年比0.9%減--IDC予測

ZDNet Japan Staff

2017-12-14 15:04

 IDC Japanは12月13日、国内エンタープライズインフラストラクチャ市場の2017~2021年の予測を発表した。これによると、2017年の支出額は前年比0.9%減の7213億900万円。また、2016~2021年の年平均成長率はマイナス0.8%を見込んでいる。その結果、2021年には6987億7300万円になるとみている。

 IDC Japanでは、ITインフラストラクチャの構成要素のうち、サーバ、エンタープライズストレージシステム、データセンター向けネットワーク機器を包括した市場をエンタープライズインフラストラクチャ市場と定義。また、国内エンタープライズインフラストラクチャ市場を、国内トラディショナルインフラストラクチャ市場(非クラウド型配備モデル)と国内クラウドインフラストラクチャ市場(クラウド型配備モデル)の2つに分類している。

 2017年の国内クラウドインフラストラクチャ市場は、前年比16.2%増の1974億4800万円、2016~2021年の年平均成長率は7.4%で、2021年には2431億600万円になると予測。一方、2017年の国内トラディショナルインフラストラクチャ市場は、前年比6.1%減の5238億6100万円、年平均成長率はマイナス4.0%で、2021年には4556億6700万円になると予測している。

 国内クラウドインフラストラクチャ市場は、クラウド化されていないトラディショナルITからの需要シフトに加え、デジタルトランスフォーメーションへの取り組みによる新規需要でプラス成長を持続。ビッグデータ、モノのインターネット(IoT)やコグニティブ/人工知能(AI)システムなどのイノベーションアクセラレーターを活用したデジタルトランスフォーメーションの実現に注力する企業が国内において増加する。また、このような動きが活発化することで、ITの用途が広がり新規需要が創出される。

国内エンタープライズインフラストラクチャ市場 支出額予測
国内エンタープライズインフラストラクチャ市場 支出額予測、2016~2021年(出典:IDC Japan)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]