編集部からのお知らせ
スタート直前の5Gをチェック!
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
PDF Report at ZDNet

Alexa、Google Homeなど続々--UIとしてのスマートスピーカー

PDF Report@ZDNet

2017-12-15 12:04

 Amazon Web Services(AWS)が先日、「Alexa for Business」を発表した。「Alexa、この部屋を午後1時に予約して」といった単純な頼みごとから、「Alexa、仮想サーバって何台立ち上がっている?」といった、IT担当者向けの機能まで、さまざまな可能性が見えてきている。

 AWSが「Human Centric」と呼ぶ、音声を中心とした新たなインターフェース。Google HomeやLineのClovaなど、スマートスピーカーの可能性は、現在の常識で頭に浮かぶものよりもずっと多くあると考えられる。

 いわゆるイノベーターやアーリーアダプターなど、新たなテクノロジに敏感な層の反応が気になるところだが、実際にはシルバー層などが使いこなすようになると、社会的な影響力が増すとも考えられる。

 スマホ操作の難しさなどがボトルネックになっていたような人々が、音声入力によって日常的に買い物をはじめたり、冷蔵庫内の食材をチェックしたりなどスマートスピーカーを活用し始めたら、AWSの最高技術責任者(CTO)を務めるWerner Vogels氏が指摘するように、以前のインターフェースには戻れなくなるかもしれない。

 もちろん、音声の誤認識など技術的なハードルはたくさんあり、乗り越える必要がある。

Alexa、Google Homeなど続々--UIとしてのスマートスピーカー
Alexa、Google Homeなど続々--UIとしてのスマートスピーカー

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]