編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
日本株展望

佐川急便の持ち株会社も上場--陸運業の投資判断

ZDNet Japan Staff

2017-12-19 11:03

今日のポイント

  1. 宅配便は成長産業?
  2. 宅配便トップのヤマトHDの業績は悪化
  3. 過当競争に苦しんできたトラック輸送業に料金引き上げ機運
  4. 建設・土木産業とトラック輸送業の共通点
  5. 国際物流の成長性にも注目
  6. 意外な最高益更新企業

 これら6点について、楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

宅配便は成長産業?

 佐川急便の持ち株会社であるSGホールディングス(9143)が12月13日、東証一部に新規上場した。これで国内の宅配便大手(またはその持ち株会社)は全て上場企業となった。

宅配便(トラック輸送)取り扱いシェア:2016年度

宅配便(トラック輸送)取り扱いシェア
出所:国土交通省

 2016年度の宅配便取り扱い総数(トラック輸送・航空輸送を含む)は、前年度比7.3%増の40億1861万個だった。Eコマース(無店舗販売)の増加により、宅配便は取り扱い個数で見ると成長産業である。

宅配便取り扱い個数の推移:1992~2016年度

宅配便取り扱い個数の推移
出所:国土交通省

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]