編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視
日本株展望

佐川急便の持ち株会社も上場--陸運業の投資判断 - (page 2)

ZDNet Japan Staff

2017-12-19 11:03

宅配便トップのヤマトHDの業績は悪化

 ところが業績を見ると、宅配便業者は成長企業となっていない。仕事がどんどん増える中、人手不足と人件費上昇に苦しみ利益が低迷している。

 最大手のヤマトHDは、違法残業の撲滅、未払い残業代の支払いなど、働き方改革に取り組んでいることがコスト増につながり、前期も今期も業績は悪化している。

ヤマトHDの業績:前期実績と今期予想

ヤマトHDの業績
出所:同社決算資料

 佐川急便もヤマト運輸と基本的に同じ環境に置かれているが、ヤマトよりも高い収益性を維持できている。ヤマトに比べて拠点も人員も少なく、効率的に配送することで収益性を維持している。戸別配達を外注することで固定費を軽くしている効果もある。

SGホールディングスの業績:前期実績と今期予想

SGホールディングスの業績
出所:同社決算資料

過当競争に苦しんできたトラック輸送業に料金引き上げ機運

 トラック輸送業は長年、過当競争で収益が低迷してきた。ところが、近年国内需要の拡大で復活の芽が出ている。Eコマースの増加と景気回復を受けて超多忙が続いている。また、アジア展開を図っている会社については国際物流も拡大している。

 それでもこれまでは「利益なき繁忙」が続いてきた。売り上げ拡大を狙い、収益度外視で仕事を取る体質が染みついていたからである。ところが近年風向きが変わり始めた。ドライバー不足が深刻化し人件費が増加する中、料金引き上げに応じなければ仕事を受けない姿勢を打ち出している。

 佐川急便、続いてヤマト運輸など業界大手がそろって料金引き上げに動くことで、中小の事業者にも料金を引き上げる余地が出ている。低迷していた輸送単価が上昇に向かいつつある。

 トラック輸送業界は「利益なき繁忙」から「利益を伴う繁忙」に転じる転換期にあると考えられる。それは実は建設・土木業界が4、5年前に経験したことだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]