ユニアデックス、教育委員会向けネットワークソリューションを提供

NO BUDGET

2017-12-20 09:45

 ユニアデックスは12月18日、「教育委員会向けネットワーク分離ソリューション」パッケージの提供を開始した。

 新製品は、VMwareの製品とユニアデックスが独自開発した製品群で構成され、マルウェア対策など最新の情報セキュリティ対策技術を盛り込んでいる。物理的または論理的に構築された成績情報などの機微情報を扱う校務系システムと、授業に利用する学習系システムやウェブ閲覧などの校務外部接続系システムを分離できる。

 これにより、ユーザーの一定の利便性を担保しつつ情報漏えいを防止できるようになるとし、文部科学省の「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」にも対応する。


「教育委員会向けネットワーク分離ソリューション」の概要図

 インターネット接続の分離には、VMware Horizonの機能を活用。また、VMware NSXによるマイクロセグメンテーション機能により、マルウェアに感染した際の被害を最小限に抑える。さらに認証機能には、二要素認証製品の「SecureSuite V」や学校ホームページのセキュアな運用を実現する「NeXtCommons」が含まれている。

 

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]