編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「Google Chrome」、2月15日から不適切広告のブロックを開始

Patrick Holland (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)

2017-12-20 10:29

 Googleは6月、「Better Ads Standards」と呼ばれる基準に準拠しない広告を「Chrome」ブラウザで表示しないようにすると発表していた。この機能が米国時間2018年2月15日に導入されることに決まった。

 この機能は、すべての広告をブロックするのではなく、業界団体のCoalition for Better Adsが不適切とみなした広告をブロックする。この団体には、Google、Facebook、Procter & Gamble(P&G)、The Washington Post、それに広告業界の複数の団体が名を連ねている。

 同団体が定めるBetter Ads Standardsでは、ポップアップ広告、タイマーのカウントダウンが終わるまでウェブコンテンツが表示されない広告、画面の30%以上を覆い隠す固定表示の広告、音声付きで自動再生される動画広告などが不適切とされ、ブロックの対象となる。ただし、Chromeにネイティブに搭載されるこの広告ブロック機能では、広告によるユーザー追跡は阻止されない点に注意が必要だ。


Better Ads Standardsの基準に満たない広告の例
提供:Coalition for Better Ads

 Googleはこのネイティブの広告ブロック機能を2月15日からChromeで提供することを、開発者向けブログで発表した。この件については、VentureBeatが正式発表に先んじて報じていた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]