編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「医療IT」
日本株展望

日銀が買い、個人が売った2017年の日本株--外国人の買いは意外に少ない - (page 3)

ZDNet Japan Staff

2017-12-20 11:30

2018年も外国人と日銀が需給面で重要な役割を果たすと考えられる

 2018年も外国人が日本株の動きを決めることは変わらないと考えられる。これからも外国人の動きを一番注意して見ている必要がある。

 次に重要なのが日本銀行だ。年間6兆円規模の買い付けをいつまで続けられるか注目が集まっている。

 日本銀行の黒田総裁は2018年4月に総裁任期を迎える。現時点ではそのまま続投する可能性が高いと考えられている。総裁人事がどうなるか、6兆円規模の買い付けをいつまで続けるか、2018年は日銀の動向から目が離せない。

 日銀がETF買い付けを減らす、あるいはやめるという話が議論されると、日本株の需給面で不安材料となる。

もっと読む--おすすめのバックナンバー

 過去記事は、キーワード「日本株展望」から読めます。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]