「Opera 50」、仮想通貨マイニングスクリプトのブロック機能追加へ

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 中村智恵子 高森郁哉 (ガリレオ) 2017年12月25日 12時10分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  Opera Softwareが「Opera 50 Beta RC」のベータ版をリリースした。主要ブラウザで初めて、仮想通貨マイニングスクリプトをブロックする機能を内蔵する。

 この機能は、増加するブラウザベースの不正な仮想通貨マイニングなどの「cryptojacking」(クリプトジャッキング)から新たに防御する手段を提供する。こうした不正行為の実行者は、ウェブサイトを利用し、許可を得ることなくサイト訪問者のPCのCPU能力を使用する。

 実行者がウェブサイトにJavaScriptのマイニングプログラムを不正に隠す例が増えており、ポップアンダーウィンドウを仕掛けて、被害者がサイトを去った後も隠れてCPUを利用し続ける場合もある。一方で、偽の技術サポート詐欺と組み合わせて、本物ではないセキュリティ警告を発してブラウザをロックする画面に、JavaScriptのマイニングプログラムを組み込む手口もある。

 「CPU使用率が突然100%になる、冷却ファンが理由もなくおかしくなる、バッテリが急激に消耗するといった現象はどれも、他者が個人のコンピュータを利用して仮想通貨のマイニングを行っている兆候かもしれない」(Opera)

Opera
提供:Liam Tung/ZDNet

 Operaの仮想通貨マイニング防御機能は、同ブラウザに内蔵された広告ブロッカーの一部だ。同社は広告ブロッカー内蔵VPNなど、さまざまな機能を通じて差別化を図っている。

 Operaでデスクトップ製品の品質保証を担当するKornelia Mielczarczyk氏は、「『NoCoin』機能をオンに設定すると、仮想通貨マイニングのスクリプトが埋め込まれたページはブロックされる。これは当社が広告をブロックする仕組みと同様のものだ」と述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算