編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

IoTスマートハブラシとクラウド連携で先進予防の歯科サービス--富士通とサンスター

ZDNet Japan Staff

2017-12-25 13:20

 富士通は12月25日、サンスターと共同で先進予防歯科サービスを提供すると発表した。富士通の歯科医院向けクラウドサービスとサンスターのIoTスマートハブラシ「G・U・M PLAY(ガム・プレイ)」を連携させたもので、同日に発売し、2018年1月31日から提供する。価格は個別見積りで、2020年までに予防型歯科医院を中心に約500の歯科医院への導入を目指す。

 富士通の歯科医院向けクラウドサービスでは、レントゲン写真や口腔内写真などの各種歯科医療情報を同社のデータセンター内のクラウド環境にアップロードし、「歯の健康ファイル」として集約することで患者との共有を可能にする。現在は約50の予防型歯科医院で利用されている。

 一方、G・U・M PLAYは、「歯みがき採点化機能」を導入したデジタルデバイス。G・U・M PLAY対応ハブラシに、ハブラシの動きを認識するセンサーを搭載したアタッチメントを装着しスマートフォンと連動させることで、自分の歯みがきを記録・分析できる。

 新サービスでは、富士通の歯科医院向けクラウドサービスに集約された歯科医院での患者の口腔情報と、サンスターのG・U・M PLAYに蓄積された毎日の歯みがき情報を連動。これにより歯科医師や歯科衛生士は、来院時の患者の口腔状態に加え、自宅での日々の歯みがき状況もデータとして確認した上で、よりパーソナライズされた歯科指導が可能になる。また、患者の積極的な予防歯科行動を促進できる。


先進予防歯科サービス概要図

 新サービスの提供に合わせて、G・U・M PLAYに新たなアプリを追加する。患者は、歯科医院で指導を受けたみがき方の癖やみがき残しの状態に合わせた最適な歯みがきの手順や時間配分を設定することができる。スマートフォンの画面に示される個人個人にあったみがき方の指示に従い歯をみがき、日々の歯みがき状況を確認することで、より良いホームケアを継続的に行うことが可能だという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]