編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
海外コメンタリー

2018年のビッグデータ分野はどうなる--注目トレンド5選 - (page 3)

George Anadiotis (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2017-12-27 06:30

 また、Hadoopベンダーらも黙ってはいない。Clouderaは「Apache Kudu」で、MapR Technologiesも「MapR-DB」で、Hadoopの注力対象を従来のアナリティクスから拡大し、業務用データベースとしても機能させようとしている。さらに、あまり知られていないものの、Swarm64による興味深いアプローチもある。同社は業務用データベースに強力なアナリティクス能力を与えることを目標にしている。

#3:Insight PaaS

 データがクラウドに向かっていくという流れに減速する兆しは見えていないとはいえ、Insight Platforms-as-a-Service(Insight PaaS)と呼ばれる興味深いトレンドも姿を現しつつある。その背後にある考え方はシンプルだ。データがクラウド内にあるのであれば、そのデータを用いたアナリティクスの実行もクラウド内のプラットフォームを使い、可能な限りそのプロセスを自動化すればよいのではないだろうか?

 ここでの考え方は、足回りを支えるデータ管理機能とアナリティクス機能をコモディティとして提供し、データがもたらす洞察から真の価値を引き出そうというものだ。サブスクライブするだけで、洞察を得るために必要なものすべての準備や管理、すなわちデータ収集やストレージ、パイプライン、可視化ツール、分析ツール、複雑な処理アルゴリズム、MLアルゴリズムにまつわる作業を行ってくれるプラットフォームが手に入るというのに、わざわざ自らで苦労する必要などないのではないだろうか?

 社内にこういった環境を構築するために必要となるスキルを自社で持とうとした場合、複雑さとコストにまつわるさまざまな問題が発生する。Insight PaaSという考え方は、そのような問題を回避する手段を模索している企業にとって魅力的なものとなるはずだ。

 ただ反論として、現時点ですべての組織がデジタル化され、データ駆動化されているわけではないが、近い将来において多くの企業がそうなるというものもある。このため、すべてをアウトソーシングしてしまうのは、おそらく良い考えとは言えないだろう。ましてや、全員にその気があるわけでない、あるいは何らかの問題が持ち上がるためにクラウドにすべてを移行することができない場合もあるのは言うに及ばずだ。

 Insight PaaS分野で核となる製品は、大方が予想する通り「Amazon Web Services」(AWS)や「Microsoft Azure」「IBM Watson」「Google Cloud Platform」といった製品を提供するクラウドベンダーからもたらされており、DatabricksやQuboleといった独立系ベンダーも独自の価値ある製品を提供している。HadoopベンダーのClouderaやHortonworks、MapRも、Hadoopだけでなく、それを用いて実現することが重要になっている点に気付くとともに、この分野に照準を合わせてきている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]