編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
日本株展望

好配当利回り株の買いタイミングはいつ--権利落ち直前の買いは有利?

ZDNet Japan Staff

2017-12-26 11:00

今日のポイント

  1. 12月26日は「権利付き最終売買日」、27日は「権利落ち日」
  2. 権利落ち直前の買いは有利か?--判断するための3つのチェックポイント

 これら2点について、楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

12月26日は「権利付き最終売買日」、27日は「権利落ち日」

 2017年12月26日は、12月末基準の配当金や株主優待を受け取るための「権利付き最終売買日」である。26日に12月期決算企業の株を買うと、3営業日後の29日に株主名簿に掲載される。そうすると12月末の株主に与えられる配当金や株主優待を得る権利が確定する。

 気を付けなければならないのは、27日に買っても12月末基準の配当金や株主優待を受け取る権利は得られないことだ。12月27日を「権利落ち日」という。2017年12月27日に株を買った場合、株主名簿に登載されるのは3営業日後の2018年1月4日となる。12月末にはまだ株主名簿に登載されていないので12月末基準の配当や株主優待は得られない。

権利落ち直前の買いは有利か?--判断するための3つのチェックポイント

 26日に12月決算の好配当利回り株を買うと、買ってすぐ12月末基準の配当や株主優待を得る権利が確定する。得をした気分になるが、実は必ずしも得にならない場合がある。

 以下の3つのチェックポイントに従い本当に有利か確認しよう。

(1)まず配当や株主優待を出す予定があるか確認

 まず、買おうと思っている銘柄の決算期を確認しよう。日本では大半の銘柄が3月決算である。ただ、最近は12月決算の銘柄が増えてきている。

 次に配当金を支払う予定であるか確認する。業績や財務に問題があって無配の会社では配当金が支払われない。そもそもそういう問題のある会社は投資対象とすべきでない。

 株主優待を受け取りたいと思って投資する場合は、優待実施企業か確認する必要がある。日本には小売・食品・サービス業などで株主優待を実施している企業が多数ある。優待を実施していれば配当金のほかに優待品が株主に贈られる。

(2)配当や優待狙いの買いで値上がりしている銘柄は避けた方がいい

 好配当利回り株を買ってすぐ配当や株主優待を受け取る権利が確定すると得をした気分になるが、必ずしも得にならない場合がある。

 配当利回りの高さや株主優待の魅力で有名な銘柄は権利付き最終売買日にかけて株価が急上昇し、権利落ち日に株価が急落することもあるので注意が必要だ。せっかく配当や株主優待を得る権利が確定しても、その価値以上に大きく値下がりしてしまうと意味がない。

 買う前に株価が短期的に大きく上昇していないか株価チャートを必ずチェックしていただきたい。短期的に大きく値上がりしている場合は投資を見送った方が賢明である。

(3)業績が急速に悪化している銘柄は避ける

 今出ている配当利回りはあくまでも予想配当に基づく利回りである。業績が悪化している銘柄では決算確定後に減配が発表されることもある。

 予想配当利回りが極端に高い銘柄、例えば6%とか7%の銘柄は減配リスクが高いので要注意。予想配当利回りが3~4%で業績の良い銘柄から選ぶのが理想だ。

もっと読む--おすすめのバックナンバー

 過去記事は、キーワード「日本株展望」から読めます。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]