海外コメンタリー

アナリティクス分野の2018年とAI、IoT、マルチクラウド - (page 2)

Andrew Brust (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2018-01-09 06:30

公共部門におけるAIソリューション

 ClouderaのIoT産業リーダーDave Shuman氏(偶然にも筆者の大学時代の同窓生だ)は、公共部門におけるAI利用が将来有望だと見ており、「組織レベルでデータサイエンティストを使って、住民とのエンゲージメントやサービスを改善するための機械学習モデルを構築し、導入する試みが増える」と予想している。

 Pegasystemsの公共部門担当プリンシパルPeter Ford氏も、同様の考えを持っているようで、「AIソリューションは、住民に対するサービスややりとりのスピードと品質を支えるために、組織の内外にある既存システムの文脈情報を利用するようになる」と述べている。

賛否両論

 楽観的な予想はほかにもある。例えば、Databricksのチーフテクノロジストであり、「Apache Spark」の生みの親の1人でもあるMatei Zaharia氏は、「データサイエンティストの数は今後も増え続ける」と考えている。

 Splice Machineの最高経営責任者(CEO)Monte Zweben氏もAI信奉者の1人だ。Zweben氏は、同氏が「オンライン予測処理」(OLPP)と呼ぶ技術の出現を予想しており、この技術が「OLTP、OLAP、ストリーミング、機械学習を1つのプラットフォームで統合する新たなアプローチ」として台頭してくると述べている。同氏はまた、「AIは第2のビッグデータだ」という考えを示している。

 ただし、この一見強気すぎるように見える発言は、実際には皮肉を込めたものだ。同氏はこの発言の意図を、「企業は自分たちが必要としているかどうかを顧みないまま、先を争ってそれを実現しようとする」点で2つの技術が似ていると説明している。Zweben氏は筆者と同様に、皮肉を好む人物なのかもしれない。しかし、警告を込めたメッセージを発信しているのは同氏だけではない。

AIに対する過剰な評価への反動

 例えば、Arcadia Dataのマーケティング担当バイスプレジデントSteve Wooledge氏と、製品およびソリューション担当シニアディレクターDale Kim氏は、AIは「Hadoopやその他のビッグデータ技術が最近受けているのと同様の扱いを受けるべきだ。IT業界がビッグデータ関連製品に対する過剰な期待を見直そうとするのであれば、AIの登場に対しても過剰な期待は慎むべきだ」と考えている。

 DataStaxの開発者向け活動担当バイスプレジデントPatrick McFadin氏も同様に、「AIは深刻な幻滅期に陥るだろう」と述べている。これは人気のあるあらゆるテクノロジに起こることだが、McFadin氏はその理由を「FacebookやGoogleなどのAIを活用している大企業を見ると、AIは簡単に利用できるように思えるが、十分な経験を持たない企業では同じ結果は出せない」と説明している。Wooledge氏やKim氏の指摘は、数年前のHadoopやビッグデータに対するものだとしても違和感がない。

 さらに懐疑的な見方もある。Sumo Logicの最高技術責任者(CTO)Christian Beedgen氏は、「AIが短期的に企業のあり方を変えることはない」と断言している。また同氏は、「AIが企業に与える直接的な影響についての従来の予想や主張は、誇張されすぎている」と付け加えている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]