編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器
調査

国内ソフトウェア市場は4.9%増--IDC

NO BUDGET

2018-01-05 10:42

 IDC Japanは、国内ソフトウェア市場の2017年〜2021年の予測を発表した。

 これによると、2017年の国内ソフトウェア市場は前年比成長率4.9%と予測される。2016年〜2021年の年間平均成長率は5.2%で、2019年には3兆4,897億円になる見通し。また、2021年にはパブリッククラウドサービスの売り上げが同市場の17.4%を占めることになるという。

 国内ソフトウェア市場にはパッケージソフトウェアたけでなく、SaaS、PaaSの売上額が含まれる。


※国内ソフトウェア市場 売上額予測: 2016年〜2021年

 2017年の国内ソフトウェア市場規模は2兆8,367億4,500万円と予測される。前年比成長率は、アプリケーション市場が5.2%、アプリケーション開発/デプロイメント市場が5.8%、システムインフラストラクチャソフトウェア市場が4.0%となった。

 2016年〜2021年の年間平均成長率を市場別にみると、アプリケーション市場が5.3%、アプリケーション開発/デプロイメント市場が6.7%、システムインフラストラクチャソフトウェア市場が4.2%と予測している。

 また、2021年のパブリッククラウドサービスの売り上げについては、アプリケーション開発/デプロイメント市場では、ビッグデータ/アナリティクス関連の需要拡大により、およそ25.4%をパブリッククラウドサービス売上が占めると予測している。

 IDCでは、ITサプライヤーに対して、既存パッケージソフトウェアからクラウドサービスへの移行に終始するのではなく、パッケージソフトウェアとクラウドサービスを組み合わせた新たなソリューションを提供していくべきだとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]