編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視
日本株展望

日銀が買い支える日本株は売り?--「年6兆円の買い」はいつまで? - (page 2)

ZDNet Japan Staff

2017-12-27 11:00

日銀は個人投資家の買いの機会を奪っただけ

 それでは、日銀の買いは何に影響したのだろうか。日銀は日経平均が下げた日に大口買いを入れることを徹底している。外国人が売りに回ったときにすかさず買って、日経平均が大きく下げるのを防いできた。

 個人投資家は日経平均が上がる局面で売り、下がる局面で買う傾向が極めて鮮明である。2017年は外国人が買って上がる局面でどんどん売っていた。ところが、外国人が売って日経平均が下がる局面であまり買えていない。日銀が先んじて買いを入れ、日経平均の下落を抑えているからである。もう少し下がれば個人の買いが増えるところで、日銀が買って下げを防いでいた。

 日銀は個人投資家が買う分を先に買ってしまっただけと見ることができる。また、外国人の買い越しも日銀が買っていなければもっと大きかったと考えられる。

日本株の買い手として日銀の存在がどんどん大きくなっている

 日銀はこれまでに16兆円超の日本株ETFを買い付けている。今のペース(年6兆円)で買い続けると、1年後に22兆円、2年後に28兆円の日本株を保有し、GPIF(日本最大の公的年金)に次ぐ大株主となる。

日本銀行による日本株ETFの累積買い付け額推移:2011年1月~2017年11月

日本銀行による日本株ETFの累積買い付け額推移
出所:Bloomberg

 2015年から買い付けペースが上がっている。2015年は年3兆円(月平均2500億円)ペースで買い付けを行った。2016年に入ってからは年3兆3000億円(月平均2750億円)に買い取りペースを上げた。2016年8月からは買い取りペースをさらに大幅に引き上げ、年6兆円(月平均5000億円)とした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]