Uberの2016年の情報漏えい、日本の影響は概算で10万人

ZDNet Japan Staff

2017-12-27 13:20

 Uber Technologiesは12月26日、日本語ブログで2016年に発生した不正アクセスによる情報漏えいについて説明した。国内では概算で10万人のユーザーとドライバーに影響したことを明らかにした。

 この事件は、2016年10月に同社が利用するクラウドサービスへの不正アクセスから約5700万人分の個人情報(ユーザーの氏名やメールアドレス、携帯電話番号、ドライバーの運転免許証番号など)が漏えいしたもの。同社は事件発生から約1年後の2017年11月21日に事態を公表した。

 同社によれば、同日時点で情報の悪用などは確認されていない。日本での影響人数を概算としているのは、同社がアプリやウェブサイトで取得した情報で判別しているユーザーの国と、ユーザーの実際の居住国が異なる場合があるとしている。

 ユーザーには、アカウントを定期的な確認を呼び掛け、通常とは異なる問題が発生した場合は、アプリの「ヘルプ」メニューなどから報告してほしいと説明している。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]