編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧
ハードから読み解くITトレンド放談

スマートフォンからサーバへ進出するARMプロセッサ(前編) - (page 3)

山本雅史

2018-01-18 06:00

 Microsoftは、このCentriq2400の早期開発版のチップを使用し、自社のプライベートクラウドサービスのインフラとしてテストベンチシステムとして採用すると発表した。将来的には、パブリッククラウドのAzureでの採用も検討されている。

 MicrosoftでARMサーバを使用するために、Windows ServerをARMベースにインプリメントしている。現状ではテストの意味合いが強く、フルスタックのWindows ServerやSQL Serverなどのデータベースなどは移植されず、限定された機能だけだ。

 仮にAzureでARMサーバが展開されるとしても、フロントのウェブサーバ群やサーバレスの用途などに使われていくだろう(x86/x64コードでなくてもいいサーバ)。現状では、フルスタックのWindows Serverを販売する予定はないようだ。実際のサーバ環境には、OSだけでなく各種ミドルウェア(データベースなど)やアプリケーションなどがARMプロセッサに対応する必要があり、実際に使い物になるには多くの時間がかかると見られている。

 むしろクラウドサービスという環境なら、x86/x64コードを必要としてないサービスとしてウェブサーバ、機能を限定したファイヤウォール、JavaScriptやC#、PHPなどのプログラミング言語でプログラミングできるサーバレスコンピューティング(動作環境はクラウド側がメンテナンスするので開発者は自身が開発するコードだけに専念できる)などにARMサーバを利用できる。x86/x64コードに固執しないので、ARMプロセッサでも問題ない。また、ARMサーバの低消費電力性というメリットが生かせる。


ARM版のWindows ServerはAzure向けに開発された

現状のARM版Windows ServerにはServer Coreがインプリされている

ARM版Windows Serverは.NETやJavaが動作する環境として整えられている

Azure上のARM版Windows Serverは、ウェブサーバ、検索、電子メール、機械学習、ビッグデータなどに利用される。ARMの性能/ワットに優れた特徴を生かしていく

現状でARM版Windows ServerはAzureだけの利用が考えられている。すぐに市販されるわけではない

Qualcommはサーバ向けのARMプロセッサ「Centriq2400」を使ったOCPサーバを提唱している

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]