編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器
日本株展望

「指値注文」「成行注文」をどう使い分けるべきか?

ZDNet Japan Staff

2018-01-16 12:53

今日のポイント

  1. 指値(さしね)注文とは
  2. 成行(なりゆき)注文とは
  3. 指値注文と、成行注文の使い分け

 これら3点について、楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

 指値注文・成行注文をどう使い分けるべきか、読者より質問をいただいている。今回は、筆者のファンドマネージャー時代の経験にもとづく、適切な使い分け方を解説する。

指値(さしね)注文とは

 株式を売買するときの注文の出し方は、いろいろある。もっともよく使われるのが、「指値注文」「成行注文」。この2つの注文方法を、しっかり理解して、適切に使い分けられるようにすることが大切だ。

 指値注文とは、「銘柄」「価格」「株数」を指定して、「買い」または「売り」の注文を出す方法である。取引時間中、1002円の株価がついている以下のA社株に対し、「991円で100株の買い」とか、「1019円で200株の売り」のように注文を出すことができる。

A社株の取引時間中の板(いた)情報


出所:楽天証券マーケットスピードより

 この銘柄に、991円で買い指値をした場合、株価が991円以下まで下がれば、買い約定(やくじょう)が成立する。株価が991円まで下がらなければ、買うことはできない。

 この銘柄に、1019円で売り指値をした場合、株価が1019円以上に上がれば、売り約定が成立する。株価が1019円以上に上がらなければ、売ることはできない。

参考:板情報の見方


 A社の取引時間中の板情報(いたじょうほう:売買注文の入り方)の見方を説明する。

  • 1007円で100株、1009円で300株の売り注文(指値注文)
  • 1001円で300株、1000円で9000株の買い注文(指値注文)
  • OVER…ここでは、1024円以上の売り指値注文の合計株数
  • UNDER…ここでは、991円以下の買い指値注文の合計株数

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]