編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
日本株展望

「指値注文」「成行注文」をどう使い分けるべきか? - (page 3)

ZDNet Japan Staff

2018-01-16 12:53

指値注文と、成行注文の使い分け

 最初に、売りについて話す。筆者の25年間のファンドマネージャー経験では、悪材料の出た銘柄は、迷わず成り行きで売るべきである。

 1日の制限値幅いっぱいまで下がり買い注文がなくなってしまう特殊な状態(ストップ安、売り気配)とならない限り、必ず売りが成立する。悪材料が出た銘柄で、売るか売らないか迷っているより、いったん売って頭をすっきりさせてから、投資判断を考え直すべきである。

 後から振り返って、「あそこであわてて売るべきでなかった」となることも、もちろんある。それでも、筆者の経験では、「あそこで迷わず売ってよかった」となる可能性が高かったと言える。

 ただし、好材料が出て上がっている銘柄については、あわてて売る必要はない。上昇中の利益確定売りならば、「指値売り」でいいと思う。

 それでは、次に、買いについて話す。経験から言うと、強い買い材料が出ている銘柄について、最初の買いは、「成行」で出すべきである。筆者が10万株買いたいならば、まず1万株くらいは、成行で買ってしまう。その後、値動きを見ながら買い増ししていく。ただし、それは機関投資家の買い方である。

 100株だけしか買う資金がない場合は、あわてて高値づかみしないことが大切である。そういう場合は、想定より高値で購入する可能性があるかもしれない「成行買い」は避けるべきだ。指値で買う方が良いと思う。

 ただし、買い材料の出ている銘柄に対して、現在の株価より下で買い指値をしても、買える可能性はほとんどない。その場合は、現在の株価より高い価格で、買い指値をするべきである。

 先のA社の板状況で、100株買いたい場合について考えてみよう。A社は、売り指値が薄く(一値に200~300株しか売り指値がない)、もし1万株くらいの成り行き買いが入ったら、簡単に株価が急騰してしまう状態である。

 ここでは、買ってもいいと思う上限価格で指値を入れるべきである。たとえば、1021円まで株価が上がっても買いたいと思うならば、1021円で買い指値する。もし、板状況が変わらなければ、1007円で100株買える。

 ただし、買い材料が出ている中で、1007円の売りが残っていることは、まずないと考えるべきである。一瞬先に入る成行買い注文で、安値に入っている売り注文は取られてしまうだろう。

 1021円の買い指値が入った時点で、1021円までの売り注文が残っていれば、その中の一番価格の低い売り注文にヒットして、買いが成立する。

 もし、1021円より下の売り注文がすべて取られて、株価が一瞬で1050円まで上がってしまえば、1021円での買い注文は執行されない。指値注文として残る。成行買いのように、想定より高値で購入する可能性がないので安心だ。

 最後に、悪材料が出て下がってきた銘柄を、長期的には株価の反発を期待して買う場合は、あわてて買う必要はない。下値に買い指値を入れて、下がってきたときだけ、買うのでいいと思う。

 過去記事は、キーワード「日本株展望」から読めます。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]