編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
日本株展望

ビットコイン暴落でも株式の強気相場続く - (page 2)

ZDNet Japan Staff

2018-01-19 10:34

有価証券としての特徴を前提とする株式相場観

 ビットコインに象徴される仮想通貨とは、インターネット上の商取引決済に用いることができる電子マネーを総称する。通常の通貨と異なり、中央銀行が介在しておらず、実物資産やキャッシュフローの裏付けがない一方、先進技術とされるブロックチェーンによるデータ保存性や国境を超える際の取引手数料が比較的低いことが利点とされる。

 ただ、ここ数年は投機的な需要で価値変動が激しくなっており、匿名性が高いことを悪用した取引(マネーロンダリングなど)が懸念されている。

 一方の株式は、有価証券(価値がある証券)の一種で、英語では「Growth Securities(成長証券)」とも呼ばれる。つまり、株式発行企業(銘柄)の売上、利益、配当やその成長(期待)の裏付けをもとに取引される特徴があり、さまざまなリスク要因を受けた需給のゆがみで短期的な取引価格(株価)は変動するものの、企業の内在価値(キャッシュフロー)が増加していく環境下で株価は中期的に上昇しやすく、内在価値が減少する環境では株価が下落しやすい特徴がある。世界景気が堅調である現環境下では売上高、利益、配当の増加期待は高まりやすく、その堅調トレンドは「業績相場」とも呼ばれる。図表2は、日米の主要株価指数と、各指数ベースの企業業績(EPS=1株当り利益)の実績と見通し(2017年以降は市場予想平均)を示したものである。いまだ歴史的な低水準で推移する金利環境下でのグローバルグロース(世界的な経済成長)と業績拡大期待が、株式の強気相場を支えていることが分かる。

図表2:日米株価の推移と業績動向(EPSの実績と予想)


注:業績動向は、S&P500指数とTOPIXをベースにしたESP(1株当り利益)の実績と市場予想平均(2017年以降)。
出所:Bloombergのデータより楽天証券経済研究所作成(2018年1月12日)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]