編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

グーグル、ITサポート職のスキル養成プログラム開始

Asha McLean (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-01-19 12:39

 GoogleはITサポートの実務経験がない人に向けた教育プログラム「Google IT Support Professional Certificate」を開始した。

 Google IT Support Professional CertificateはCoursera上でオンラインプログラムとしてホスティングされている。このプログラムは、職を得るのに必要なスキルの獲得を支援するイニシアティブ「Grow with Google」の一部となる。Googleの公式ブログによると、未経験で学習を始めたばかりの人でも8~12カ月で初級レベルの仕事に対応できるようになるという。

 Googleでこのプロジェクトを率いるNatalie Van Kleef Conley氏は、求人関連サイトBurning Glassの調査を引用して、現在米国で15万人分のITサポートの求人があるとしている。平均の初任給は5万2000ドル(約577万円)だという。

 Googleによると、最新のプログラムはGoogleが社内で導入しているトレーニングが土台になっているという。

 コースには、64時間超のビデオレッスンと実習ラボやインタラクティブな評価などが含まれる。全てGoogleが開発したものだ。Van Kleef Conley氏が「ITサポートの土台」になるとするトラブルシューティング、カスタマーサービス、ネットワーキング、OS、システム管理、自動化、セキュリティなどを学ぶことができる。

 トレーニングが終了すると、認定を受けた人は自分のスキル情報を、Bank of America、Walmart、Sprint、GE Digital、PNC Bank、Infosys、TEKsystems、UPMC、Googleなどの企業の雇用者と直接共有できる。

 GoogleはCouseraでの認定に必要な費用を月額49ドルまで補助しており、米国の学習者1万人以上を財務面で支援している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]