編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
日本株展望

日経平均2万4000円台へ--ナスダック最高値、日米とも業績相場に

ZDNet Japan Staff

2018-01-24 11:00

今日のポイント

  1. 心理的な節目の2万4000円超え
  2. これから本格化する10~12月決算に期待
  3. 米政府機関が再び閉鎖されるリスクは残る

 これら3点について、楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

心理的な節目の2万4000円超え

 1月23日の日経平均株価は307円高の2万4124円となり、心理的な節目である2万4000円を超えた。同日のダウ平均株価は3ドル安の2万6210ドルと小反落したが、NASDAQ総合指数は3日続伸し最高値を更新した。

 米議会が政府機関の閉鎖を解除するのに必要な2月8日までの暫定予算を可決したことを好感し、日米で株高が復活した形である。日米とも景気・企業業績が好調であることも追い風となっている。日本銀行が1月22日昼に金融政策の現状維持を発表したこと、展望レポートで物価の認識を上方修正したことも日経平均株価を押し上げる要因となった。

日経平均日足:2017年9月1日~2018年1月23日

日経平均日足:2017年9月1日~2018年1月23日
出所:楽天証券マーケットスピードから作成

 日経平均は2017年11~12月時点で2万3000円が上値抵抗線として意識されていた。1月に入って2万3000円を一気に抜けると、次は2万4000円が上値抵抗線として意識される状況となった。2万3000円や2万4000円など、区切りの良い数字は心理的な節目となりやすいといえる。日経平均は18日に一時2万4084円まで上昇したが、そこで利益確定売りが増え2万4000円以下へ戻された。

 23日に2万4124円まで上昇したが、まだ2万4000円を意識した戻り売りは出る可能性がある。今しばらく2万4000円の値固めとなると考えている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]