編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

中堅企業のPC管理を「ゆりかごから墓場まで」--デルが打ち出す“ひとり情シス”支援

藤本和彦 (編集部)

2018-01-25 07:00

 社内の情報システムを一人で切り盛りしている「ひとり情シス」。中堅企業の約3割がこうした状態に陥っているとも言われている。一部の企業では増員を検討しているものの、昨今のIT人材の不足により状況はさらに深刻化。退職や異動に伴いIT専任者が不在の「ゼロ情シス」と言われるケースもあるという。

 その一方で、中堅企業でも徐々に「働き方改革」が浸透してきている。“自前主義”や“人海戦術”といったやり方だけでなく、IT業務の一部を外部企業にアウトソーシングして任せる企業も増えてきている。

 情報システム部門がサポートすべき運用管理業務が拡大してきている。管理対象だけでも、PCから各種サーバ、ネットワークやクラウドなどの各種サービス、さらにはプリンタやスマートフォンまで多岐にわたる。

 そうした「ひとり情シス」への支援を強化しているのがデルだ。2017年は全国17都市でのセミナー開催(1月)を皮切りに、IT投資動向調査(2月)、インサイドセールスの増員(4月)、「ひとり情シス大学」などの支援策発表(10月)、「ひとり情シス大会議」の開催(同)など、年間を通じてさまざまな施策を展開してきた。

 従業員100~1000人未満の中堅企業は国内に約4万7000社あると言われ、その内の61.7%に当たる2万9000社が同社顧客になっているという。

 特に「ひとり情シス」の実態把握には力を入れている。アンケート調査や外勤・内勤営業からの情報の吸い上げ、ひとり情シス担当者との面談・座談会なども実施している。そうした活動から、「中堅企業の多くがIT人材の不足に悩まされているという実態が明らかになってきた」(デル 広域営業統括本部 執行役員 統括本部長 清水博氏)

デル 清水博氏
デル 広域営業統括本部 執行役員 統括本部長 清水博氏

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]