編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
調査

「グリーンフィールド」がある産業用ネットワーク機器市場--IDC

NO BUDGET

2018-01-28 07:00

 IDC Japanは1月23日、国内産業用ネットワーク機器市場に関する予測を発表した。

 2017年の同市場規模は85億円で、2022年には224億円にまで拡大すると予測している。2017年〜2022年の年間平均成長率は21.4%。


国内産業用ネットワーク機器市場 売上額予測、2017年〜2022年

 IDCでは、同市場は、オフィスなどに導入される一般用企業向けネットワーク機器市場の成長率が、プラスマイナス1%前後とほぼ横ばいであることと比較して、ポテンシャルが高いとしている。この背景には、IoT活用の進展や、ネットワーク接続されていない「グリーンフィールド」が産業用ネットワークには多く残されていることなどが挙げらている。

 同市場を製品セグメント別に見ると、2017年〜2022年の年間平均成長率は、産業用イーサネットスイッチが15.0%、産業用ルータが57.6%、産業用無線LAN機器が65.6%と予測されるという。

 また、2017年の市場では、産業用イーサネットスイッチがほとんどを占めているが、今後は、より高度で可動性の高い産業用ネットワークの導入が進み始めると、産業用ルーターと無線LANアクセスポイント市場も本格的に立ち上がるだろうとしている。

 IDCは、同市場に未参入の企業向けネットワーク機器ベンダーに対し、数少ない成長市場として同市場への参入を積極的に検討すべきだと指摘する。またその際は、長期間の戦いを覚悟したうえで、防水防塵性能の強化や、DINレール対応といった新筐体の開発から始めるべきだとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]