編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ローコードプラットフォームを「IBM Cloud」に--Mendixと連携

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-01-26 11:46

 IBMとMendixが、ローコードプラットフォーム市場におけるクラウドテクノロジのリーチを拡大するためのグローバルな再販契約を発表している。

 Mendixによると、この提携によって同社のローコード開発プラットフォームを「IBM Cloud」にもたらすことで、両社は人工知能(AI)やデータアナリティクス、IoTサービスでのネイティブな統合を実現するという。

 MendixのソリューションをIBM Cloudに統合することで、開発ツールやクラウドサービス、クラウドランタイムのスピードやアジリティが高まると期待されている。

 Mendixは、モバイルアプリやウェブアプリの大規模開発を可能にする、開発者向けのエンタープライズプラットフォームを提供しており、同社のサービスを利用する企業の数はおよそ4000社にのぼっている。

 IBMは今回の統合によって、アプリケーションの開発や配備における価値実現までの時間の短縮や、「IBM Watson IoT」とAIサービスのネイティブレベルでの統合、「Cloud Foundry」や「Docker/Kubernetes」といった配備モデルの対応を含むプライベート/パブリック/ハイブリッドクラウドをまたがったクラウドサービスの柔軟な配備といった成果が期待できると述べている。

 なお、MendixのプラットフォームはIBMのクラウド事業を通じて再販、サポートされるようになる。

 Mendixの最高経営責任者(CEO)Derek Roos氏は「未来のアプリは過去のツールでは開発できない」と述べたうえで、「あらゆる業界において企業はイノベーションのための新たな道を模索しており、今日の市場リーダーたちはデジタル戦略の中核にローコード開発を据えている」と述べている。

 この提携は、Mendixと、現在はIBM CloudとなっているIBM Bluemixの連携を進化させたものだ。

IBM
提供:File Photo

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]