編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
展望2020年のIT企業

スマホ用チップを搭載するタブレットPCの狙い

田中克己

2018-02-01 07:30

 インターネット常時接続型PCが次々に発売される。中国レノボが2018年1月に米ラスベガスで開催された情報家電見本市「CES 2018」で、米Qualcomm製スマートフォン用チップ「Snapdragon835」を搭載したタブレットPC「Miix630」を発表した。価格は約800ドルからで、2018年度第2四半期にも発売する。

 会見には、QualcommやMicrosoft、Googleの幹部が出席し、スマホの使い勝手をPCで実現するLTE通信機能を備えたネット常時接続型ノートPC の新たな活用法を提案する。Lenovoによると「モビリティが格段に向上したMiiX630は、デバイス本体上のビデオならバッテリ駆動で最長20時間まで連続再生できる」という。その実現には省電力なチップが必要になるので、レノボなどはスマホ市場で圧倒的なシェアを持つARMアーキテクチャの「Snapdragon835」を搭載した。


 米HPや台湾のAsusも、同様のノートPCを2017年末に発表している。これらのPCは、米Microsoftが2016年6月に台湾のコンピューテックスなどで提唱したAlways Connected PCに準拠するもの。同社によると「スマホのように瞬間起動し、1週間充電しなくても利用できる。LTE搭載などにより、自動車内でも、空港でも、カフェでも、どこでもネットに常時接続できるのが大きな特徴」と説明する。

 狙いの1つは、PCの利用頻度を高まることで、新しいカテゴリのデバイス市場を創り出すること。いつでも、どこでも使えるPCは、新しい働き方を可能にし、Windows 10のビジネスユーザー層を広げることになる。

 SIMフリーの端末にもなり、通信会社や量販店などでも扱うことになるだろう。もちろん、常時接続したPCが増えると、Microsoft 365やOffice 365、Azureなどのクラウドサービスからの収益が増えることにもなる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]