田中克己「2020年のIT企業」

スマホ用チップを搭載するタブレットPCの狙い

田中克己 2018年02月01日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インターネット常時接続型PCが次々に発売される。中国レノボが2018年1月に米ラスベガスで開催された情報家電見本市「CES 2018」で、米Qualcomm製スマートフォン用チップ「Snapdragon835」を搭載したタブレットPC「Miix630」を発表した。価格は約800ドルからで、2018年度第2四半期にも発売する。

 会見には、QualcommやMicrosoft、Googleの幹部が出席し、スマホの使い勝手をPCで実現するLTE通信機能を備えたネット常時接続型ノートPC の新たな活用法を提案する。Lenovoによると「モビリティが格段に向上したMiiX630は、デバイス本体上のビデオならバッテリ駆動で最長20時間まで連続再生できる」という。その実現には省電力なチップが必要になるので、レノボなどはスマホ市場で圧倒的なシェアを持つARMアーキテクチャの「Snapdragon835」を搭載した。


 米HPや台湾のAsusも、同様のノートPCを2017年末に発表している。これらのPCは、米Microsoftが2016年6月に台湾のコンピューテックスなどで提唱したAlways Connected PCに準拠するもの。同社によると「スマホのように瞬間起動し、1週間充電しなくても利用できる。LTE搭載などにより、自動車内でも、空港でも、カフェでも、どこでもネットに常時接続できるのが大きな特徴」と説明する。

 狙いの1つは、PCの利用頻度を高まることで、新しいカテゴリのデバイス市場を創り出すること。いつでも、どこでも使えるPCは、新しい働き方を可能にし、Windows 10のビジネスユーザー層を広げることになる。

 SIMフリーの端末にもなり、通信会社や量販店などでも扱うことになるだろう。もちろん、常時接続したPCが増えると、Microsoft 365やOffice 365、Azureなどのクラウドサービスからの収益が増えることにもなる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算