編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
調査

施行が迫るGDPR、企業の備えは万全とは言えず - (page 2)

Danny Palmer (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-02-15 07:30

 企業には、GDPRに準拠するための時間がまだ残されているという。Hancock氏は、企業のサイバーセキュリティポリシーを確実かつ最新のものにするために、英国家サイバーセキュリティセンター(NCSC)と英情報コミッショナーオフィス(ICO)が無料のガイダンスを提供しているとも述べている。

 ICOは、GDPRを恐れるのではなく、ビジネスの運営方法を改善する機会として前向きに捉えるよう提案している。

 ICOのコミッショナーであるElizabeth Denham氏は、「GDPRによって、個人のプライバシーを尊重するための手段の基礎を提示する真の機会が提供され、これは時とともに消費者の選択において大きな役割を演じるようになっていくだろう。規則への準拠によって、顧客からの信頼がさらに高まり、競争上の優位性が向上するという利点ももたらされる」と述べている。

 英国はEUからの離脱を準備している。とはいえ、GDPRはやはり英国内の組織に適用される。英政府は、EUによって発行されたGDPRのすべての規則を、5月に予定されている新しいデータ保護法案に組み込む計画だとしている。

EU GDPR

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]