編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

富士通、香川大学と遠隔教育支援の実証実験

NO BUDGET

2018-01-31 10:33

 富士通と香川大学は1月30日、離島や僻地における特別支援教育を遠隔支援する実証研究を、1月31日から3月31日まで実施すると発表した。

 この研究は、障がいがある子どもたちの教育に携わる香川県小豆島地域の小学校の教員や支援員などを対象に、特別支援教育の専門性向上を目的にしたもの。

 子どもたちの授業の様子を教室内に設置した全天球カメラで撮影し、専門家が遠隔からその様子を360度のVR(仮想現実)映像で確認する。これをもとに、教員や支援員の子どもたちに対する指導の仕方などを、専門家が実際の現場に近い状況で共有し、離島の教育現場へより的確なアドバイスを可能にする。


実証研究の流れ

専門家が授業の様子をVRで確認しているイメージ

 遠隔にいる専門家がヘッドマウントディスプレイなどを装着し、教員や支援員への指導には、テレビ電話会議システムを使って画面越しに対面で行う。また、授業ではタブレット端末に表示されたイラストを選ぶことで、特別な支援が必要な子どもたちが自分の気持ちを簡単に伝えることができるアプリケーションを活用する。

 研究で利用するシステムは、全天球カメラ、バイノーラルマイクなどのほか、富士通のネットワークサービス「FUJITSU Managed Infrastructure Service FENICS ユニバーサルコネクト」、テレビ電話会議システム、文教向けタブレット「FUJITSU Tablet ARROWS Tab」、MRヘッドセット対応パソコン「LIFEBOOK(AHシリーズ)」、「FUJITSU 文教ソリューション k-12 コミュニケーション支援 きもち日記」などで構成される。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]