米ZDNet編集長Larryの独り言

AIの普及とともに直面するマネジメントの課題

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子 2018年02月02日 06時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人工知能(AI)は着実に普及が進んでいる。このまま普及が進むと、企業はマネジメントにおける難題を抱えることになるだろう。

 企業のマネージャーや幹部の多くが、AIを支えるモデルやデータ科学、テクノロジを理解していない状況で、企業はどのようにAI配備を管理していけばよいのだろうか?

 この疑問に答えるのはとても難しい。AIは、ビッグデータや機械学習(ML)、ニューラルネットワークとともに、テクノロジ分野の流行語となっている。この他にも、AIのイネーブラーとしてのクラウドコンピューティングという言葉もよく見かける。

 もちろん、こうしたかたちで登場するAIという言葉には、多少の誇張が含まれていることは皆が理解しているはずだ。そしてわれわれは、AIの土台となる詳細や、AIが業務にもたらす意味について十分に知らない可能性がある。しかし残念ながら、われわれはブラックボックスとしてものごとを考え、何かがデータレイクから洞察をもたらしてくれるという夢を抱かずにはいられない。企業がAIに魅力を感じるのは、一般人が(運動せずとも)新陳代謝を活性化させるとともに、永遠に若さを保つ薬を望むのと同じようなものなのだ。

 しかし、事実はご存じの通り、魔法の薬など存在しない。AIは、大きな変革をもたらそうとしているが、当然ながらテクノロジによって魔法がもたらされるわけではない。

 AIによってもたらされる成果を時間軸で捉えたものをConstellation Researchが図示している。われわれはまったくゼロの状態から、できる限り早く未来を予測できるようになりたいと思うものなのだ。

The Seven Overcomes of AI
提供:Constellation Research

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算