編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

大垣共立銀行、スマホ決済でOrigamiと提携--インバウンド需要にも対応

NO BUDGET

2018-02-01 13:50

 Origamiは1月31日、大垣共立銀行と資本業務提携し、FinTechで地方創生の推進に取り組んでいくと発表した。

 Origamiが提供するスマホ決済サービス「Origami Pay」に大垣共立銀行の銀行口座を直接連携し、リアルタイムに預金口座から代金引き落としをする「スマホ決済」に対応させる。サービス開始時期は2月1日の予定。Origami Payは2016年5月から提供されているサービスで、大手コンビニチェーンやタクシー、ファストフードチェーンなど約2万店舗(予定店舗含む)の加盟店が導入している。

 大垣共立銀行では、Origamiからの送客による新規顧客の獲得も期待している。一方、同行が築いてきた地域店舗や企業のネットワークへOrigami Payの導入を進めることにより、地域商圏のキャッシュレス化を促進できる。また、Origami Pay導入店舗では別途手続きをすることにより、中国大手電子決済サービス「支付宝(Alipay)」の利用者も決済可能となり、インバウンド需要にも迅速に対応できる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]